Tahmazo ボート用モーター

OK模型より電動ボート用モーターが2種類発売されました。


サイズは直径が40mm,全長が68mmのクラスとなっており、kv値がIR-4067L61Cは2100、IR-4067L41Cは2800となってます。

冷却用の水冷ジャケットが付属しています。

コード側にKV値の刻印がされています。

4mmのゴールドコネクターが採用されています。ESC側用のメスのコネクタも付属しています。

期間限定8月13日までTahmazo IR-4067L41CTahmazo IR-4067L61Cを特別値引きにて販売しております。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。

「BIGサマーセール」開催中です。合わせて「8,800円以上お買い上げで送料無料」キャンペーンも開催中です。ぜひこのキャンペーン中にお求めください。

トップモデルのショッピングページはこちら


バルサ材お徳用

昨今の世界的なバルサ不足で当店でもバルサシートが長らく欠品となっておりますが、2x80x300のみ在庫があるので無選別10枚入りとしてお買い得な価格で販売しております。

無選別なので比重はばらつきがありますが、一枚抜いて計量しました。
6.5gなので比重は0.14程度です。

10枚まとめて76.3gでしたので比重は0.16程度木村バルサのグレードでいえばSMです。実際には硬いものやフワフワなものも混じるかと思います。

バルサは風力発電の風車のプロペラに大量に使われているらしく、供給が追い付いてない様で、模型業界のバルサ不足はしばらく続きそうです。
機体の修復、またお子様の夏の工作にいかがでしょうか。

期間限定8月7日までTOPMODEL 模型材バルサ板2.0mm(2.0x80x300) 10枚入りを特別値引きにて販売しております。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。


PILOT スカイループ148箱開け

新発売となったOK模型のレトロARF完成飛行機のスカイループ148が入荷したのでご紹介したいと思います。
スカイループ148はコマンダー148をベースにさらにレトロなテイストを取り入れたデザインになってます。
また主翼はコマンダーでは接着して分割できない1枚翼になるので持ち運びに少しかさばりましたが、スカイループは2分割主翼に取り外せる水平尾翼なのでコンパクトに持ち運べるようになりました。
胴体、主翼、尾翼に分けて紹介します。
胴体の全体像です。垂直尾翼やコックピットは組み立て済みです。
胴体前方です。カウリングは付属していないませんが、オプションとして販売されています。ハッチがついているので、簡単にバッテリーを交換したり、燃料の残量を確認することができます。
主翼の上面と下面です。下面にも白いアクセントがつけられています。
かんざしにはカーボンのパイプが使われています。ヒンジ部分も接着されています。

水平尾翼の上面と下面です。ビス止めの穴が開いています。

期間限定7月30日までPILOTスカイループ148PILOTコマンダー148-3を特別値引きにて販売しております。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。


万博公園ボート大会

先日万博公園で開催された淀川くらわんか倶楽部主催の第4回 お船の運動会 in 万博にお邪魔してきました。

3月29日のABCボート大会が中止になりましたので、今年初めて万博公園です。

イベント自粛が続き、万博公園自体がイベントの受付を5月末まで受け付けていなかったので、今シーズン万博公園では初めてのボートレースとなりました。屋外のイベントですがマスク着用等できる限りのことはされていました。

短時間の滞在であまり写真が撮れなかったので、当日のようすは主催者様のブログに掲載されているのでご参照願います。

第4回 お船の運動会in万博 イベントレポート

また関西圏のボートレースの予定はABCホビーのイベント情報がリンクがまとめられており便利で私もよく参照しています。

ABCホビーイベント情報

8月にもう一回万博公園でイベントありますね。

期間限定7月23日までAqua LM2船体、キャビン5種を特別値引きにて販売しております。梅雨も明けて絶好のボートシーズンにおひとついかがでしょうか。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。


エンドポイント

今回はフタバ製プロポのエンドポイントの仕様について取り上げます。
現行のフタバの送信機でスイッチとCHの割り当てを行うファンクション機能を持たない6Kと10Jは5ch目以降のサーボの動作量が一般的なプロポに比べて130%程度エンドポイントが広くなっています。
この仕様により5ch目以降のスイッチに割り当てたESCや引込脚が動作しないことがあります。これはESCなどが認識するロー、ハイを超えてしまっていることにより発生しています。
ELFグライダーリトラクト等が動作しないという問い合わせが偶にあるのですが大体はこの仕様によるトラブルです。

エンドポイントの設定を75~80%に設定することにより解消されます。

6Kのサーボビューと受信機から出力されているパルス幅です。
CH5のロー、ハイは初期設定でエンドポイントが130%程度に広くなっています。サーボビュー以外の項目では動作量が100%と表示されていてもサーボビューではこのように大きいパルス幅(広い動作角)が表示されます。

フタバの上位機種18SZのサーボビューとパルス幅です。
こちらは初期設定で100%のパルス幅(動作幅)になっています。

なお、当社で確認できているのは、現行のフタバ6K及び10Jですが、その他にも、この様な特殊な仕様になってなっているものがあるかもしれません。パルスメーターで計る必要はないですが、1~4chまでに1個のサーボ、そして5ch以上にもう一つのサーボつないでみて、動作角が違うようであれば、この様な仕様になっている可能性があります。

また、自分で舵角調整などをやってしまってる場合には、デフォルトに戻してみてください。エンジン機を電動に換装する場合には、スロットル開度の調整をエンドポイントでしてしまっている可能性があります。

さて、期間限定7月16日までフタバ6K(6ch-2.4GHz R3006SB付)飛行機用T/Rセットを特別値引きにて販売しております。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。