レインジャー137 箱開け(2)

前回の胴体に続き、今回はレインジャー137の主翼を見て見ましょう。

ここで一番特徴的なのが主翼前縁に設置されたスラットです。
上の飛行写真で、主翼の前縁に赤く見えるパーツ、これがそのスラットになります。
スラットは主翼の迎え角が大きくなった時に前縁から空気が剥離する、すなわち失速するのを遅らせるためのものです。
最近の旅客機にも装備されていますが、こちらは着陸時に前縁からせり出してくる可動式スラットです。
一方、レインジャー137に装備されているのは固定式という事になります。

左主翼の上面を見ていただきます。

ここに見える赤いパーツがプラスチック製の前縁スラットで、工場で取り付け済みになっています。
このスラットについては、連載回数を一回増やして次回、もう少し詳しく見てゆきます。

一方、後縁はといいますと、写真のようにフルエルロンになっています。と言ってもこの機体ではフラップとしても作動させますので、正確には「フラッペロンというものですね。
フラップとして使うからでしょうか、翼弦方向(リブ方向)の幅は一般的なスポーツ機のエルロンに比べると広めになっています。
ただ、このように翼端まで達するフルスパンのフラッペロンをベロンと下げると主翼の迎え角が大きくなり、その事で翼端失速が心配されます。
そうならないようにという事で、レインジャー137では写真のようにフラッペロンを翼端に行くにしたがって細くする事でフラッペロンを下げた時にネジリ下げと同じ効果を得て、翼端失速を遅らせる対策の一つとしています。

なかなか奥が深い設計ですよ。

こちらは主翼の裏側です。
赤い前縁スラットが見えますが、上面と違って翼面にはほとんどかぶさっていない点に注目して下さい。

翼の付け根部分の断面を見たところです。後縁のフラッペロンは付いていませんが、翼型は半対称であることが判ります。
前縁部の切り欠きは胴体のフロントウインドウ部分がはまるところです。
でも、この写真では後縁にフラッペロンがついていませんので、翼型が今一つはっきりと判りませんよね。

そこでレインジャー137の組立説明書の図をお借りして掲載させていただきました。(オレンジと紫のラインは、説明のためにこちらで書き加えたものです)

ここで面白い、というか注目していただきたいのがフラッペロンのニュートラル位置です。
図のように、「主翼上面で直線になる」位置がニュートラル位置だそうです。
という事は翼下面がかなり下に湾曲した、アンダーカンバーのついた翼型になり揚力重視という事が読み取れます。

レインジャー137は、このような翼型を持った主翼に前縁スラットとフルスパンのフラッペロンという高揚力装置を組み合わせて短距離離着陸、STOLを楽める機体になっているのですが、次回は最大の特徴でもある、前縁スラットに絞ってもう少し詳しくご覧いただく事にします。

なお、ご紹介していますレンジャー137、当店では初回入荷分が即日完売となり、現在品切れ状態が続いております。製造元のOK模型に問い合わせましたところ、次回予定は10月末とのことでした。
皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、今しばらく当店の「入荷・再入荷情報」をチェックしてお待ちくださいますよう、お願いいたします。


レインジャー137 箱開け(1)

大きなタイヤと強力な高揚力装置を装備し、未開地や荒れ地での短距離離着陸を得意とする「ブッシュプレーン」。
その飛びとスタイルを再現したいとの思いで模型化された機体が「PILOT レインジャー137」です。
今回から2回に分けて、これまでの機体とはちょっと色合いの違ったレインジャー137のキットを覗いてみる事にします。

まず、キットの内容はこのようになっています。

OK模型製ARF完成機の標準ともいえる構成で、フィルム貼り完成胴体、主翼、尾翼のメインパーツに、プラスチックカウル、ジュラルミン製メインギア、軽量スポンジタイヤ、エンジンマウント、グロー用燃料タンク、スピンナー、リンケージパーツ、透明ウインドウ、ステッカー、そして日本語組立説明書が入っています。

ちなみにこの製品はOK模型の国内工場で作られたものだそうです。

(お断り)上の写真はこのブログへの掲載用に主要パーツを並べたもので、リンケージパーツをはじめとする小物パーツやステッカー、組立説明書などは写っていません。

さて、第一回目は胴体周りのご紹介です。
ご覧の様に、フィルム貼完成胴体のほか、カウリング、スピンナー、透明プラスチックのサイドウインドウで構成されています。

胴体の一番前にセットするカウリングはプラスチック製で、実物のブッシュプレーンに多い水平対向エンジンを搭載した機体をイメージした、横に扁平なデザインです。
仮に組み合わせて見るとこんな感じで、何となくスケール機っぽい雰囲気があふれいています。

胴体キャビンのウィンドウは前面、側面共にスケール感の漂うクリアパーツです。
フロントウィンドウは胴体ハッチと一体構造で、写真のように取り外すことが出来ます。電動にした場合のバッテリーの搭載、取り出しはここから行います。
セットにはここまで出来上がった形で入っています。
なお、キャビンのサイドウィンドウは成型されたクリアパーツを切り取って胴体の内側から窓の部分にはめ込んで接着します。

胴体の中を見てみましょう。
サーボや電動にした場合のリポバッテリーなどを積み込むメカルームは広々と余裕があります。

こちらはブッシュプレーンのスタイルを特徴づけている、機体の大きさからするとアンバランスともいえる大きなタイヤです。
キットに入っているのは、前回のブログでご紹介させて頂きました「PILOT軽量タイヤ89mm」です。
主脚は丈夫なジュラルミン製が採用されています

次回は、ARF完成機には珍しい、主翼前縁スラット付の主翼を中心にご覧いただきます。

 


PILOT 軽量タイヤ 89mm

今回ご紹介しますのは、PILOTレインジャーにも使われている「PILOT 軽量タイヤ89mm」です。


スポンジタイヤと言えば、いかにもスポンジですというような外観?でタイヤのミゾの表現もしていないのっぺりとした外観のものが多いのですが、このタイヤは一見ゴム製タイヤの様な、タイヤらしい外観ですね。

大きさを感じて頂けるように手で持ってみました。
直径89mmということで、ほぼ手のひらくらいの大きさです。

でもこのタイヤの最大のウリは、そのネーミングからもわかりますように「軽量」なんですよ。

確かに手に持ってみると、大きさから予想する重さに反して、エッと思うぐらい軽いです。
で、早速計量しましたところ、20.45gと出ました
20.45gが軽いのかどうか、当店で販売している他のスポンジタイヤと比較してみる事にしてみました。

右に並べて見たのが「PILOTスポンジタイヤ90mm」です。
直径が1mm大きいですが比較対象としては丁度良いと言えるのではないでしょうか。
で、このPILOTスポンジタイヤ90mmの重量は、と言いますと・・・・・

31.55gと出ました
おおまかに「軽量タイヤ89mm」の20gに対し「スポンジタイヤ90mm」は30gとなり、「軽量タイヤ89mm」は「スポンジタイヤ90mm」の2/3の重さしかないという事になります。

ちなみに、ちょっとカテゴリーといいますか用途が違うサリバンの「スカイライトタイヤ3.5インチ(89mm)」の重量はカタログ値63gになっています。
これに比べると今回の比較で重いということになった(された?)「スポンジタイヤ90mm」の30gは、半分以下という事で十分軽いのですがね。

で、結果をまとめるとこうなります。(重量は1個当たり)
PILOT軽量タイヤ89mm 20g<PILOTスポンジタイヤ90mm 31g<SULLIBANスカイライトタイヤ89mm 63g

タイヤの選択には、タイヤの重量だけではなく、機体の重量やスタイルとのバランス、それに皆さんの好みによるところが大きいので一概にどちらが良いかは言えませんが、PILOT レインジャーのように機体のサイズに比べて大きいタイヤが特徴のブッシュプレーンにはこのように軽いタイヤが最適だと思います。


全日本模型ホビーショー速報

東京ビッグサイトで開催中の全日本模型ホビーショーの速報です。

本日、9月28日金曜日は業者招待日になっていますので、朝イチから会場を訪れ、情報を仕入れてきました。
とりあえず明日からの一般公開に先立って会場風景の一部ですが、ご紹介させて頂きます。
(全部で写真が32枚になりますが、最後までお付き合いくださいね)

なお、出展社によっては、日によって展示内容が変更になる場合がありますので、その点は予めご了承ください。

こちらは当店が展示即売を行いますOK模型のブースです。
明日、あさって、ブース内は模様替えをして展示飛行機がなくなり、商品が並びます。

そのため、明日以降の一般公開日にはご覧いただけなくなるOK模型の新製品をここで少し詳しくご紹介させて頂く事にします。

まずは翼幅1.91mのARFモーターグライダー「ジャスミン」です。
フルプランクの楕円翼にエルロンとフラップを装備した中級機です。
特徴は、フラップを1サーボで動作させますので6チャンネルプロポが使えます。
ですから、ラダー機やエルロン機を6チャンネルプロポで楽しんでおられたかたが、多チャンネルプロポに買い替えなくてもフラップ付きグライダーを楽しむことが出来るんですよ。

次は4サイクル120クラス(ガソリン20cc相当)の「エクストラ1204」です。
良く目立つオレンジカラーをまとった、皆さんよくご存じの実機アクロ機のスケールモデルです。

こちらはお馴染み「アイランドブリーズ」のオレンジ色バージョンです。これまでのターコイズカラーとはガラッとイメージが変わって新鮮ですね。

つい先日発売されたばかりの「レインジャー」です。
ブッシュプレーン特有の大きなタイヤや主翼前縁のスラットなどを装備した、新しい遊びの可能性を秘めたユニークな機体です。

機体群の反対側にはOK模型の小物パーツがズラリと並んでいました。

お馴染み、テトラさんです。

カシオペアさん。

上2枚と下3枚はFUTABA/OSさんのコーナー。

車関係の製品が目につきました。

それでは、解説はこれぐらいにして、写真だけでランダムに会場を巡って行きますのでごゆっくりとご覧ください。


 

 

如何でしたか。
毎回何か新しい発見があるホビーショー、ぜひ皆さんにもご覧いただきたいと思います。
そして当店の現地販売コーナーにもぜひお立ち寄りください。
スタッフ一同、心より皆様のお越しをお待ちしております。


ホビーショー即売会のご案内

ただ今、当ショップでは稀少品、お値打ち品を多数取り揃えて「ホビーショー先取りセール」を実施中です。
期日は9月26日(水)午前10時まで、送料無料キャンペーンも同時開催中のセール会場はこちらです。

さて、今回は9月29日、30日の両日、全日本模型ホビーショー会場で開催しますTOPMODELジャパン現地即売会」の先行案内です。

両日は当店ネットショップの「先取りセール」で販売しています商品なども含めて、即売会ならではのお値打ち価格、掘り出し物など大物、小物合わせて1000点近くを展示、販売させて頂きます

その中には、新登場のTOPMODELオリジナル ダイナトロンベルトリダクションスターターや、

当店で取り扱いを始めましたG-Force製品を中心に、充電器、放電器を各種展示即売致します。

そのほか、特に今年はフルカーボンのグライダー、アリッサフェンネルが初登場します。
写真はフェンネル(通常、当店では取り扱いがありませんのでOK模型の商品ページにリンクしています)です。カラーや塗分けパターンは写真と異なりますので、実物は会場でお確かめください。

更に、例年ご好評を頂いております完全完成機などの「ショー会場限り商品」もご用意しておりますが、その一部をブログをご覧の方だけに先行でご紹介させていただきます。
なお、以下の商品は、どれも会場限り、しかも一機限りですから、興味のある方はお早めにお越しくださいね。

まず、こちらはシークアーサー黄 DXのメカ搭載積み完全完成機です。
機体の組立はもちろん、モーター、アンプ、折ペラ、バッテリー、サーボなど、プロポ受信機以外はすべて搭載済みで、当店でも人気の商品です。

このほかに、メカ積み完全完成機ではありませんが、OK模型で展示用に仮組みした仮組完成機の販売も行います。

こちらはピラタスB4-3m DX2
翼幅3mのスケールグライダーで、ロングシャフトモーター、カーボンブレード付折ペラ、電動スポイラー、電動引込脚など豪華装備のデラックスタイプです。これを展示用に作ったものですので、パイロット人形や計器盤など、手間のかかるコックピットの工作、塗装も済んでいます。ぜひ現地で実物をご覧ください。

このほか、スポーツ機ミッション60や、2mクラスモーターグライダーのメイス2 DX、それに3mクラスモーターグライダー アンジェリカ DX展示用仮組み完成機を販売させて頂きます。

ネット上の写真やスペックでは判りにくい実物ならではの組立完成後のボリューム感や細部を確認してからお買い求めいただける貴重なチャンスです。
ぜひ会場にお越しいただきたいと思います。

それでは、9月29日、30日に会場でお会いしましょう。

(お断り)記事中の製品等は予定であり、当日変更や取り消しとなる場合がありますので、その旨あらかじめご了承下さい。