Aqua LM2 トンネルF1ボート(1)

今日のお題はOK模型から新発売されたアウトボード・トンネルF1ボートLM2です。

その前にお知らせです。
来る6月27(木)、28日(金)の両日、当店の所在地大阪で
G20 大阪サミットが開催されます。これに伴い大阪市内の高速道路で大規模かつ長時間の交通規制が行われるなど、配送への影響が懸念されます。
それについて当店からのご案内がございますのでご注文をされます場合はまずこちらのページをご覧いただきますようお願い致します。

さて、アウトボード・トンネルF1ボートLM2に戻りますが、このボートのブランド名はAqua:アクアで、お歳を召したモデラーには懐かしい名前ではないでしょうか。
現在は飛行機、グライダーなど空モノがメインのOK模型ですが、その昔?30年程前にはボートも作っていたんですよ。

で、その復活アクアブランドから第一弾としてリリースされたLM2OS MAX-21XMなどの21クラス船外エンジン用のボートで、メーカーによりますと走航は基本的に複数艇での高速ヒートレースで、衝突、接触などで結構消耗が激しく、そのため修理がしやすいようにと、敢えて船体とキャビンを分けて販売することにしたそうです。

それではまず今回は船体を、そして次回はキャビンという順にご紹介してゆくことにしましょう。

こちらが船体のキットで「アクアLM2 キャビンレス船体キット」という長い名前です。
その名の通り、船体中央部の上を覆うキャビンを除く船体のみの組立キットで、ご覧の様にレーザーカットされたベニヤ板が大部分を占めています。
そのベニヤ板ですが、使用箇所によってカバベニヤとシナベニヤが使い分けられています
材料のほかには日本語の組立説明書が入っていますが、飛行機キットの様な原寸図面は入っていません。

船体左右に張り出したスポンソンのフレームを組み立てているところです。
図面は入っていませんが、正確さが身上のレーザーカット加工されたキットですから、組み立てはパーツ同士きっちりとはめ込むことが出来てサクサクと進みます。

出来上がったフレームの外周りをプランクしているところです。
接着剤が固まるまで要所要所をピンで固定しています。

中央船体の骨格ですね。

プランクした後、メカルームを載せれば船体中央は完成です。

船体中央の左右にスポンソンを接着、生地完成状態になった船体です。

この船体に塗装をし、次回ご紹介しますキャビンを取り付ければ出来上がりになる訳です。


2019タマゾーフェスティバル

先日、当店も協賛させていただいています恒例のタマゾーフェスティバルin京都にお邪魔してきました。

場所は京都市内、伏見区の宇治川河川敷です。京都市内とは言っても、住宅地のど真ん中などでは決してなく、南側には広大な農地が広がる地域です。
この飛行場は大都会の近くで高速道路インターからも近く、交通便利という事も手伝って当日は電動グライダー競技に25名、タイムラリー&タッチアンドゴー競技には21名、延べ46名の選手が集まりました。

この飛行場は交通便利な反面、近くには高速道路が走るなど、狭い空域での飛行を強いられますので事故の防止には細心の注意を払わなければなりません。
ですから、主催のOK模型では専任の空域監視員を配置し国土交通省に事前申請した区域から絶対に外に出ないよう万全の対策をしておられました。

まずはお約束の集合写真ですね。
グライダーの競技と飛行機の競技がありますので様々な機体が並びました。

開会式風景。皆さん気合が入っていますね。
このあとは、ちょっと風が強かったものの、皆さんの笑顔が絶えなかった当日の様子をご覧ください。

はるばるシンガポールから参加のヨンさん親子です。

大会公認カメラマン?の駒宮選手

気持ちよく晴れ上がった大空を、皆さんちゃんと空域を守って飛行されてました。
気持ちよさそうですね。

チームタッチアンドゴーに待機するヨンさん親子とOK模型高松社長(右端)。
必ず番号順に地面にタッチしないといけないルールなので、一人がタッチに失敗してエンストでもしようものなら大変。次の人は大慌てでゴーアラウンド、先行機が飛びあがるまで上空待機しないといけません。チーム三人の息と技術が揃わないとなかなか上手く行かない、見ていて楽しい(飛ばしていても楽しそうな)競技でしたよ。
来年は正式種目に昇格してほしいな。

最後は表彰式です。
名誉をとるか、賞品をとるか、し烈な駆け引きが見られるのもこの大会の楽しみかただとか。
そんなこんなで、今回も大変楽しいませていただきました。

このブログをご覧の皆さん、「みんなで楽しく遊ぶ」がモットーのこの大会、来年はお友達を誘って参加されては如何でしょうか。


ご存知ですか?CRモーター

今回ご紹介させて頂くのはタマゾーから新発売になったブラシレスモーターCR-281914dです。

この品名の頭に「CR」とつくモーターはちょっと毛色の変わったものなんです。
ご覧の様に本体からシャフトと3本のリード線が出ていますのでちょっとみたところでは何の変哲もない普通のブラシレスモーターのように見えます。

前から見たところです。モーターを機体に固定する取付ネジの穴が4か所ありますが、そのカバーはずっと後ろまで継ぎ目なく続いていますので、ここで見える範囲の外側ケースは動かない(回らない)という事が判りますね。

次に、後ろから見たところです。
外側ケースは大きな継ぎ目なく前から後ろまで一体になっていますね。
で、ケースの後端からはリード線が出ていますので、外側ケース全体が動かないという事は間違いありません。

それがどうした?
これってインナーローターのブラシレスモーターなんでは?とおっしゃるアナタ、実はこれがアウターローターモーターなんですから「ちょっと変わったモーター」という訳なんです。

メーカーホームページでは英語品名にCovered Outrunner Burashless Motorとなっています。
要するに「カバーのついたアウターローターモーター」という訳ですね。

もう一度前から見て見ます。
シャフトは直径5mmで、中空になっています。
このシャフトを手で回してみますと、中の銀色のパーツが一緒に回ります。
という事は、この銀色のパーツがローターというわけですね。

銀色のローターにもっと近づいてみますと・・・・
中にコイルが見えます
シャフトを回すと銀色のローターは回りますが、中のコイルは回りません。
という事は・・・
外側ケースの中に入っているのは外側のカンカンが回るアウターローターモーターなんですよ。

話がややこしくなりましたが、簡単にいうとこのCRモーターは「アウターローター形式のブラシレスモーターにカバーを付けたもの」という事になります。

もう一度外観を見ます。
普通のアウターローターモーターのようにリード線が前から出ていませんので、スッキリした外観です。
しかも、直径28mmの細身で、全体が動かない(回らない)カバーで覆われていますので、スリムなグライダーの機首に収まりやすいのは言うまでもありませんね。

外径28mmで、3セルリポ、9.5×5のペラで静止推力1500gという性能も魅力です。

F5J 用機体をはじめとする2m~3mクラスのグライダーのパワーソースにTahmazo CR-281914dモーター、如何でしょうか。


タービュラーテープって何?

今回はOK模型から発売されている「タービュラーテープ」を取り上げます。

一体これは何に使うの、どのように使うの、と思っておられる方も少なくないと思います。
そもそもタービュラーって言葉自体あまり聞きなれない言葉ですからね。

ご覧の様にテープの両サイドがギザギザになっています。
どうやらこのギザギザが名前に関係しているらしいですね。
OK模型の製品説明によりますと「大きく乱流が起きて空気の剥離を起こす前に、このテープで小さな渦巻き状の乱流を作り、空気の剥離を最小限に抑えるものです。(中略)舵の効きの改善や、空気抵抗の軽減に威力を発揮します。」とあります。

要するに「タービュラーテープ」は空気の流れをわざと乱れさせるんだけど、いろいろな効果があるテープですよ、って事の様です。
念のため申し添えますが、実際のテープは厚さ0.5mmの透明プラスチックです。長さは5mで、写真で白く見えているのは裏紙です。

実際の使用例がこちらです。
垂直安定板の後縁近く、ラダーの前にタービュラーテープを貼ってありますね。
ここで空気の流れを乱すのにはどういう意味があるのでしょうか。少し難しいですが、説明にお付き合いください。

まず、飛行機が前に進むと空気は翼の表面のカーブに沿って後方に流れてゆきます。
写真の例は垂直安定板ですが、このようにラダーが中立ですと空気はスムースにラダーの後端まで流れてゆきます。
例えば、ここで大きく舵を左に切るとラダーの右側面の空気がラダーに沿って曲がり切れずに?ヒンジラインの後方でラダーの表面から剥がれてしまい、その結果大きな空気の渦がラダーの右側に出来て舵が効かなくなってしまう事になります。
これが主翼になりますと、飛行機が上を向いて迎え角が大きくなりすぎると、主翼の上面から空気が剥離、翼の揚力が無くなって「失速」という事になります。

そこにこのタービュラーテープが貼ってあるとどうなるのでしょうか。
実際の大きさは、ギザギザの頂点から頂点の間隔が約6mmの小さなものですが、これを翼に貼る事で、常に小さく空気が乱され、空気が突然大きく剥がれるのを防いだり遅らせる事が出来るという事だそうです。

このテープのギザギザ部分をアップにして見ました。
画面の上、進行方向から来た空気はギザギザに当たって流れが乱れます。
このテープの場合はただ乱れるのではなく30度の角度がついているので、空気は小さな渦巻き状に後方に流れる様になっているんです。

渦巻き状になった空気は「ボルテックス」(渦流)と言われ、このタービュラーテープのように小さな渦流を作るものは「ボルテックス・ジェネレーター」という名称で、多くの実機や、最近では自動車にも採用されています。

そして、先に言いましたように主翼の迎角が増えたり、舵を大きく切った時、通常なら空気が翼や舵面から大きく剥がれてしまう場面にこの小さな渦流があることで渦の発生を遅らせたり、小さくすることが出来るんです。
結果、主翼の失速を遅らせたり、緩やかに失速するようになったり、舵の効きがよくなるなどの効果が出ます

実際に貼る場合は、上写真の30°がキモですから、テープは気流の流れに対して直角に貼る事が肝心です。
そのうえで、主翼の場合は前縁近く、エルロンの場合はヒンジラインの前、垂直尾翼はラダーの前(左右)、フラップはヒンジラインの前(上面)など、迎角が増えたり大きく舵を切った時に「ここから空気が剥がれる」というポイントに、流れる気流に対して直角に貼るのが効果的です。

すこし話が難しくなりましたが、タービュラーテープには裏面に粘着糊がついていますので貼るのは簡単です
一度お試しになってはいかがですか。


15分硬化低粘度エポキシ接着剤

今日ご紹介させて頂きますのはトップモデルオリジナルTOPMODEL15分エポキシ接着剤TOPMODEL30分エポキシ接着剤です。

特にTOPMODEL15分エポキシ接着剤硬化時間が15分と、日本ではあまり見かけない商品で、しかもチューブ型には無い「低粘度」が特徴の、当店でも人気の商品です。

ところで、このトップモデルオリジナル エポキシ接着剤、最近入荷しているものはボトルの形が従来のものとかわっているのにお気づきでしょうか。
実はそのほかに中身の組成も変わっているようで、実際に使ってみると硬化後の硬度が高くなっています。言い方を変えれば「カチッと固まる」という感じになったという事ですね。
商品ラインアップは、これまで通り15分硬化型と30分硬化型の2種類、内容量は主剤、硬化剤それぞれ50g、合計100gでかわりありません。

こちらは15分硬化型のパッケージです。トップモデルフランスで販売されているものですから、ボトルラベルの表記はフランス語になっています。
30分硬化型と間違えないよう、当店でタグに大きく「15」と表示させていただきました。

この15分硬化型、先に述べましたように日本ではあまりみかけない硬化時間が特徴の珍しい商品です。
作業場の温度や接着面積などにもよりますが、15分という硬化時間は店主も結構重宝しています。(場面によっては30分って結構長いですもんね)

それと、もう一つの特徴は、チューブタイプよりはグッと粘度が低いという事です。
粘度が低いという事は、木材など多孔質な素材に浸み込みやすいという事と、塗る面にさらっと塗り拡げやすいという事にもなりますね。
例えばFRPの補修の際などは繊維の奥に浸み込みやすい特性が役立つ場面が多いと思います。

こちらは30分硬化型です。
樹脂の粘度は15分硬化型とそんなに変わりませんので、使い方は同じですが、作業面積が広いとか複雑だとかの理由で上の15分硬化型ではちょっと作業時間が窮屈だな、と思った時にはこちらを使います。
また、夏場の暑い時期にはエポキシ接着剤の硬化は結構早まりますから、そんな時にはこちらですね。

中身が見えるように少し横向きにして見ました。
左が硬化剤で中身は透明です。
右は主剤で、少し黄ばんだ樹脂で硬化剤と混ぜる割合は重量比1:1です。見た目の量ではありませんので注意して下さい。
粘度が低いので、板の上などに直接出してしまうとベタっと流れてしまいますから、使う量に応じた大きさのカップなどに入れたうえで、必ずハカリを使って正確に重さを計って重量比1:1で混合して下さいね。

なお、15分という硬化時間は魅力的だけれど、もう少し粘度を上げて垂れないようにして使いたいと思われる場合は、スーパーマイクロバルーンを加えると良いでしょう。

どうでしょう、このトップモデルオリジナルのTOPMODEL15分エポキシ接着剤TOPMODEL30分エポキシ接着剤、チューブ型には無い特徴がありますので、使い慣れると手放せなくなります。
ぜひ一度お試しください。