シークアーサーの組立

OK模型の公式ホームページに詳しいシークアーサーの組立説明が公開されました。説明書には載っていない様なテクニックなども記載されています。
後日、フタバT6Kを使用したプロポの設定も公開されるようです。

シークアーサー組立特設サイト

期間限定10月29日までシークアーサー各種(完全完成除く)を特別値引きにて販売しております。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。


折ペラハブのプロペラ取り付けピン間隔

クレソンなどにぴったりなAN30/6C3.0SM スピンナーハブセットが先日発売になりました。

OK模型のスピンナーハブセットのラインナップには以前より同じシャフト径、スピンナー径、プロペラ取り付け部の幅が6mmでプラスチックスピンナーで安価な「PN30/6C3.0SE スピンナーハブセット」があります。
両者の違いはプロペラ取り付け部のピン間隔で新発売の「AN30/6C3.0SM」はピン間隔が32mmでスピンナーから飛び出しており、「PN30/6C3.0SE」はピン間隔が20mmになっています。ですので同じ折ペラブレードを取り付けた場合プロペラ直径が大きくなり、また同じプロペラひねり角のままブレードが外に出るのでピッチが増加します。

実際にどれくらいの差があるか検証してみました。
「AN30/6C3.0SM」は以前計測して静止推力490g程度、同条件でピン間隔の狭い「PN30/6C3.0SE」を計測したところ455g程度と10%程度の差がありました。
推力が少ない分消費電流も比例して下がっています。
両者は1000円以上の価格差がありますがそれに見合った性能差があるかと思います。

期間限定10月1日までER-181612dTahmazo AN30/6C3.0SM スピンナーハブセットを特別値引きにて販売しております。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。


エンドポイント

今回はフタバ製プロポのエンドポイントの仕様について取り上げます。
現行のフタバの送信機でスイッチとCHの割り当てを行うファンクション機能を持たない6Kと10Jは5ch目以降のサーボの動作量が一般的なプロポに比べて130%程度エンドポイントが広くなっています。
この仕様により5ch目以降のスイッチに割り当てたESCや引込脚が動作しないことがあります。これはESCなどが認識するロー、ハイを超えてしまっていることにより発生しています。
ELFグライダーリトラクト等が動作しないという問い合わせが偶にあるのですが大体はこの仕様によるトラブルです。

エンドポイントの設定を75~80%に設定することにより解消されます。

6Kのサーボビューと受信機から出力されているパルス幅です。
CH5のロー、ハイは初期設定でエンドポイントが130%程度に広くなっています。サーボビュー以外の項目では動作量が100%と表示されていてもサーボビューではこのように大きいパルス幅(広い動作角)が表示されます。

フタバの上位機種18SZのサーボビューとパルス幅です。
こちらは初期設定で100%のパルス幅(動作幅)になっています。

なお、当社で確認できているのは、現行のフタバ6K及び10Jですが、その他にも、この様な特殊な仕様になってなっているものがあるかもしれません。パルスメーターで計る必要はないですが、1~4chまでに1個のサーボ、そして5ch以上にもう一つのサーボつないでみて、動作角が違うようであれば、この様な仕様になっている可能性があります。

また、自分で舵角調整などをやってしまってる場合には、デフォルトに戻してみてください。エンジン機を電動に換装する場合には、スロットル開度の調整をエンドポイントでしてしまっている可能性があります。

さて、期間限定7月16日までフタバ6K(6ch-2.4GHz R3006SB付)飛行機用T/Rセットを特別値引きにて販売しております。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。


ゴールドコネクターはんだ付け

今回はゴールドコネクターのはんだ付けを説明したいと思います。

1000円前後で購入できるニクロムヒーター30Wクラスのはんだごてセットでやっていきます。(最低限30Wは必要かと思います。新たに購入するのであれば小手先の太い60W以上のものがおすすめです。)

まずゴールドコネクターを固定する器具を用意します。
写真では木に穴をあけて刺さるようにしています。これははんだこての熱容量が乏しいので熱が逃げないよう断熱するためです。余裕があるものであればペンチに輪ゴムを巻いたもの等でも問題ないです。
また使用するはんだは鉛入りのすず60%鉛40%のものを使用します。
鉛フリーや高温はんだなどは融点が高くはんだが流れづらいので避けましょう。

シリコンコードの被覆を剥き、軽くよじって予備はんだをします。
ゴールドコネクターにも予備はんだをします。
コードが刺さるところに流します。
シリコンコードを刺したときにあふれるかな?と思うくらい流しておきます。

ゴールドコネクターの側面を加熱しながら予備はんだしたシリコンコードを差し込み、コードの予備はんだが溶けるまでしばらく待ちます。
はんだこてとゴールドコネクターの間のはんだが少ないと熱がコネクターに伝わらないので、予備はんだが溶けない場合は少しはんだを乗せて接触面積を増やしましょう。少しはんだがあふれる程度でちょうどいい感じにはんだ付けできました。
あふれたはんだが多い場合は柔らかいうちにニッパーではんだを切り取り、やすりで形を整えると楽ちんです。

期間限定7月9日までPILOT ゴールドコネクター 3.5BS(オス・メス5セット入)PILOT ゴールドコネクター 4.0BL(オス・メス5セット入)を特別値引きにて販売しております。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。


VIPアイロンシュー交換

近頃、外出自粛の影響で機体製作や修理が増えているのか、アイロンやアイロンの交換シューがよく売れているので今回はOK模型 VIP (E)アイロンの交換シューのご紹介をします。

以前のブログで詳しい交換方法があるのでご紹介します。

VIPアイロンのシュー交換(前編)
(分解の工程)

VIPアイロンのシュー交換(後編)
(組立の工程)

VIPアイロンtypeFとEアイロンはシューの形状が同じで共通ですが、typeRは形状違いで取付ネジの穴位置が違うのでシューを取り換えて使うことは出来ません。
またヒーター断線などで故障した場合はOK模型に直接問い合わせれば有償でヒーター交換もしてくれます。

期間限定6月4日までPILOT Eアイロンを特別値引きにて販売しております。ほかのアイロン、交換シューは売り切れてしまいました。

カートへ入れると自動的にお値引きされます。