ホログラムシート

今回ご紹介させて頂きますのは、新製品のTOPMODELホログラムシールです。

ホログラムシートって、どこかで聞いたような・・・・
そうです、当ショップでは既にTOPMODELホログラムテープという商品を販売しているんですね。

さて、このホログラム「シール」「テープ」、どこが違うのでしょうか。

そこで、二つの商品をならべてみました。
左がテープ、右がシールです。

テープは幅が18mm、長さは2mで、芯に巻かれた状態で販売しています。
このテープの使い方などは、こちらの当店ブログでも詳しく説明させて頂きました。

こちらは幅広のシート(シール)状になっています。
もちろん、裏には粘着剤がついていますので、ステッカーのようにそのまま機体などに貼り付ける事が出来ます。
このシール、サイズは幅48mm、長さ300mmで、テープに比べると長さこそ短いですが、幅は約2.5倍の48㎜あります。

写真は僅かに丸まった状態で撮影していますので、ご覧の様に光の当たり具合で様々な色で反射しているのが良くお分かりになると思います。
ですから、このシールはテープのように直線的なアクセントより、僅かに湾曲した平面に貼ると面白い効果があるかもしれませんね。

また、幅広シールですから、切文字などに加工して使うのも面白いと思います。

ちなみに、このテープのホログラム模様は、約6.4mm(1/4インチ)の正方形を単位としてレーザー加工されています。
これはホログラムテープの模様と同じ大きさになります。

どうですか。
ホログラム加工されたシールテープ
それぞれの特徴を生かした貼り方であなたのモデルにアクセントを加えてみませんか。


カラーカッターナイフ

寒さはまだまだ続いていますが、少しづつ日が長くなり春が近づいた気配が感じられるこの時期、フライトシーズンに向けて機体の整備、新作機の製作などを進めておられる方も多いのではないでしょうか。

本日紹介させて頂きますアイテムは、そんな時に重宝するカッターナイフ、TOPMODELオリジナル「カラーカッターナイフ」です。
上写真のようにグレーピンクブルーグリーン4色揃っていますので、いろいろなものが入り混じっている工部箱の中でも見つけやすいお好みの色をチョイスすることが出来ます。

今日は4色ある中からカラーカッターナイフグリーンを取り出して見ました。
一見プラスチックのように見えますが本体はステンレスにカラー塗装を施したもので、重さは12gと非常に軽くなっています。

先端の角度が30度の刃が1枚付属していますので、ステッカーで切り文字を作るのに最適ですし、細かい箇所の作業も楽に行うことが出来ます。

もちろん市販されている通常のカッターナイフの替刃も装着する事ができます。

このカラーカッターナイフ、ただいま当店で実施中の「対象商品購入で送料無料キャンペーン」の対象となっています。
つまり、このカラーカッターナイフを購入いただくと、同時にお買い求めいただいた他の商品も併せて送料無料となるわけです。

キャンペーンは2月20日(水)午前10時までです。
どうかこの機会にカラーカッターナイフをお求めいただき、お得にお買い物をされては如何でしょうか。


曲刃ハサミを使ってみる

今日はトップモデルオリジナルの新商品「曲刃はさみ(プラスチック用)」をご紹介致します。

その名の通り、ハサミの刃の部分がカーブしています

大きさは全長170mm、刃の部分は25㎜です。

ハサミを閉じたままにしておく黒いバンドを外すとスプリングの力でこのように開きます。細かい作業をする時など、ハサミを開くために力を入れる必要が無いのでハサミがブレずに正確な作業が出来ます。

それでは実際に使ってみましょう。
商品名に(プラスチック用)と書かれていますので、写真の様なABSプラスチックの成型品をマーキングの線に沿って切ってゆくことにします。

ところで、作業例が直線ですから普通の(刃がまっすぐな)ハサミで十分なはずですよね。
では何で曲線ではなくわざわざ直線を切る事を例にしたのかは、この後をご覧になってください。

それでは作業開始です。
とりあえず端からハサミの刃の長さだけ切り進みます。
ここまでは普通のハサミでも問題ありません。

ところがです。
普通のハサミで切り進んでゆくと、写真のように青いX印の部分が本体がプラスチックに当たり、刃先が黄色い線の方向に向いてしまいますので、マーキングの線に沿ってまっすぐに切り進む事が出来なくなってしまうんです。
これが薄い紙などの素材ですと、素材が上下に離れて刃をラインに沿ってまっすぐに進める事が出来るのですが、今回の様な成型品ですと曲げることが出来ないですよね。

ここで選手交代、曲刃はさみの登場です。
念のため申し添えますが、今回は説明の為に曲刃はさみは途中からの登場ですが、最初から使っていただいてももちろんOKです。
ご覧の様に曲刃はさみは刃先が湾曲していますので、写真のように刃がマーキングの線に向いても本体はプラスチックパーツをうまくカワセています

そのままどんどん切り進めてゆきます。
刃先が黄色い線の方向を向いていながら、本体はパーツと干渉していませんので、マーキングに合わせて端まで材料をまっすぐに切ることが出来ていますね

このようにトップモデルオリジナル曲刃はさみ(プラスチック用)は切る対象の形によっては普通のハサミよりもうまく直線部分を切ることが出来るんですよ。
もちろん曲線部分を切るのはお手の物ですよ。

今回、「曲刃はさみ」という商品名からイメージする曲線切りではなく、なぜ直線切りを例に選んだのか、これでお判りいただけたかと思います。

ご紹介しましたトップモデルオリジナル曲刃はさみ(プラスチック用)、カウルやキャノピー、そして車のポリカボディーなどのプラスチック成型パーツの曲線部分、直線部分、どちらもうまく切ることが出来る優れものなのです。
ぜひ、工具箱に入れておいていただきたい商品だと思います。

さて、ここでお知らせです。
当店ではただいま「対象商品購入で送料無料キャンペーン」を行っています。
本日ご紹介しましたトップモデルオリジナル曲刃はさみも入っているキャンペーン対象商品と一緒にお買い上げいた商品も送料が無料となります。
是非、この機会にお得にお買い物をお楽しみください。


☆キラキラテープ☆

今日は珍しい商品やアイデアグッズが集まっている当ショップの「トップモデルオリジナル商品」カテゴリーの中から「ホログラムテープ」にスポットを当てて見ました。

ところで、ホログラムテープって、あまり聞きなれない名前ですが、どういうものかというと、ポリエステルフィルムにレーザー加工をして色々な模様をつけ、光の反射具合で模様や色が様々にキラキラと輝いて見える様にしたものなんです。
ということで、今回のお題を「キラキラテープ」とした訳です。

普通はシート状のステッカータイプのものが多いのですが、当店のホログラムテープは飛行機、特にグライダーなどに使いやすい巾18mm、長さ2mのテープになっています。

クローズアップしたところです。写真ではテープが少し丸まっていますので左寄りと右寄りでは色、模様が様々に変化していますね。
このようにいろいろな角度で反射することが出来ますので、単なる鏡の様に平坦な反射物よりはよく光って見えるという事になります。

それでは、という事で試しにPILOTジャスミンのカーボンテールパイプに10cmほどに切ったものを貼ってみました。
テープの裏側は両面テープになっていますので簡単に貼る事が出来ます。

飛行中はこんな感じになります。

フライト中、機体はかなりの速度で移動していますので、瞬間瞬間で輝き具合が違ってきます。
この写真では緑色に輝いているように見えますが、シャッターを切った一瞬だけその状態だったという事で、遠くからではキラッと光るだけで色までは識別できません。
また、このテープはLEDのように自分で発光している訳ではありませんので、輝き具合は太陽の光、機体との位置関係によって常に変化します。

でも、写真の様なスロープソアリングでは油断すると背景の景色に機体が埋もれて見失いそうになる場面が時々ありますが、そんな時でも小さな点がキラッと光るだけで随分機体を見つけやすくなるものなんですよ。

この写真ではシャッターを切ったタイミングと角度でテープは赤く見えています。
繰り返しますがこのテープはLEDのように自分で発光している訳ではありませんので、遠目にはキラッと点で光るように見えるだけです。
でも、ホログラム加工を施してあるためにいろいろな角度(姿勢)でも輝いて見えるので、視認性が高まるという事になるのです。

青空の中、頭上高く上げた時も空に機体が溶け込んで見難くなりがちですが、そんな時もちょっとこのテープを貼っておくだけで視認性はグッと上がります。

今回はホログラムテープをご紹介させて頂きましたが、あれこれと色んな商品が散らばっている「トップモデルオリジナル商品」のカテゴリー、時々チェックして下さいね。きっと面白いものが見つかると思いますよ。


「蔵出し品」探検のおすすめ

皆さん、当店の商品カテゴリーに「蔵出し品」というのがあるのをご存知ですか。
当店トップページカテゴリーアイコンには登場しない隠れカテゴリーで、ちょっと気がつきにくいところにあるんです。
それはどこかと言いますと、まずトップページの商品カテゴリーアイコンのどれかをクリックします。するとページ左側に現れる、文字で書かれた「商品カテゴリ 一覧」の一番上にひっそりと?現れるんですよ。「蔵出し品」の文字が・・

そこをクリックしていただいて出てくるのは、カタログ落ちした絶版商品、その名の通り倉庫(蔵)の奥に眠っていた昔懐かしい商品、長年置き忘れられていた商品など、いろいろと訳アリですが、人によっては飛びつきそうなマニアックな商品がいろいろと出てきます。(写真はイメージです)

当ショップではこの「蔵出し品」カテゴリーをぜひ知っていただきたいと、ただいま蔵出し品アイテムと合わせて3000円(税込)以上お買い上げで送料無料となるキャンペーンを行っています。

キャンペーン会場はこちらですが、今回はその「蔵出し品」の中でもいかにも「蔵出し」という言葉がぴったりな商品をご紹介させて頂きます。
それは超懐かしいタイヤ2種類なんです。

タイヤと言えば今はスポンジタイヤが全盛ですが、ご紹介させて頂くのは中空ゴム製で、最近密かなブームになっている1960年から80年代にかけてのクラシックプレーンにとって無くてはならないパーツの一つになっているものです。

 

さてこのパッケージ、ベテランマニアなら見覚えのある方も多いのではないでしょうか。KBK製中空ゴムタイヤの箱ですね。
これは某マニアの方が大切に持っておられる当時のパッケージで、随分色あせているうえに、うっかり触るとボール紙がバラバラになってしまいそうな年代物です。
パッケージはその時代を反映してすべて英語表記です。当時はこのような商品が大量に日本からアメリカに輸出されていたんですね。

残念ながら今回の蔵出し商品にはこの箱は付いていなくて、タイヤだけのバルク品になりますが、どうかご容赦ください。

まず最初にご紹介するのは勝俣製作所製の中空ゴム製タイヤKBK 60mm中空ゴムタイヤです。
もちろん未使用、新品です。ゴムが劣化しているという事も全くありませんので、このまま普通に使っていただけます。
サイズは直径60mm、ホイールはナイロン製です。

ウラ面にはTOKYO JAPANの文字が。当然日本製です(笑
特に傷などはありませんが、何分長期間保管されていたものですから商品は少々埃っぽくなっている物もあります。そのあたりはご容赦ください。
(写真の商品は撮影のために中性洗剤で洗ってあります(-_-;)

お次はこれも超懐かしいMK(米山ゴム)製のR/C、U/C機用の中空ラバータイヤです。
店主にとってはクロームメッキのこのホイルが懐かしい商品です。
こちらも直径は60mmですが、この商品は超「訳あり」です。

もともとこのタイヤは中空にするために、たい焼きのように左右半分づつのパーツを手作業で貼り合わせて作っていたそうです。
その張り合わせ作業の際に合わせ目にいろいろと不具合が出てしまったものが結構多くあったそうです。
下にそれらの不具合の代表的なものをお見せします。

上の3枚の写真、線で囲った部分が不具合の例です。不具合の個所、形、大きさなどは様々です。
そのためにお蔵入りしていたのでしょうが、今となっては手に入りにくいこれらの商品、「そんなの関係ネー、何とか自分で修復する」とか、「そのまま目をつむって使いマス」、という方々に敢えて販売させて頂きます。(あまり数は無いです)もちろん、上に上げたような成型上の不具合はありますが未使用品です。

そんなこんなの「蔵出し品」カテゴリー、お得なキャンペーンがご利用いただけるこの機会にぜひ一度覗いて見られては如何でしょうか。