APCプロペラのハブについて

たまたまなのか、ここ数日APCプロペラのハブサイズについてのお問い合わせが重なりました。
これまでもこの手のご質問は時々あったのでその都度お客様にお答えしていましたが、一度画像を交えてご説明しようかと思います。

01
これは一般的なエンジン用と言わるものです。右が18.1×12、左が18×12です。
同じサイズですが、ハブの形が大きく違っています。
質問の多くがこのハブ部分にかかわる事ですので、ここの所をよく覚えておいてください。

 

3
これは電動用の18x10Eです。エンジン用より全体に細身になっています。

 

3-2
そしてこれがスローフライ用の14×4.7SF-Pです。逆ピッチの写真になっていますが深い意味はありません。
スローフライ用という事で回転数が低く設定されているため、上二枚の写真とは全く形が異なります。

 

4
ということで、よく似た形で疑問も多いと思われるエンジン用2種と電動用を並べてみました。
左からエンジン用18×12、同じくエンジン用18.1×12、電動用18x10Eです。

 

5
ハブ部分をクローズアップしてみました。左の1本と右の2本ではプロペラの直径が同じにもかかわらずハブの直径がかなり違っていますね。

6
それでは厚みはどうでしょうか。一番左がエンジン用18.1×12、中央がエンジン用18×12、そして右端が電動用18x12Eです。電動用が一番薄くなっているのがお判りになるでしょう。

18インチと同じ直径(ダイヤ)のペラでこれだけハブの直径や厚みに差があります。
まして異なるサイズ、ピッチのものがヤマほどあるAPCプロペラのハブサイズを調べるには?・・・・
実は方法があるんです。
OK模型のホームページからサポート→FAQ→APCプロペラFAQ集と進めばそこにハブについての説明があります。

9
こんなデータが出てきます。APCプロペラの種類が膨大なものですからPDFファイル7頁にもなりますがいつかきっと役に立つことがあると思います。
手っ取り早くこちらをクリックして一度ご覧ください。

7
オマケですが、最初の写真に出てきたエンジン用2種類のハブの違いですが、大きなハブはガソリンエンジン用なんですね。別にグローエンジンに使ってもよいとは思いますが下の写真のようにプロペラを4本のボルトで締め付けるタイプのエンジンにはこのハブが必要になるわけですね。

エンジンのブレークイン。

前回、前々回と、エンジンテストベンチやテストベンチ台についてご紹介してきました。

Break-in-1
今回は、エンジンのブレークインについてお話ししようと思います。
ブレークインを一言で言うと、「慣らし運転」です。
新品のエンジンを最高の状態まで仕上げるためには、慎重なブレークインが不可欠です。必ず行ってくださいね。

具体的には、焼きつかないようにじっくりエンジンを回しこんで、エンジンにアタリをつけることを言います。(アタリについては後述します)

その為に、プロペラは、エンジンに大きな負荷をかけないために、ブレークイン用のプロペラを選んで使用します。
今回テストベンチに積んでいる「FA-72」ですと、「12x8」(エンジンの諸元表参照)がブレークインプロペラになります。
お持ちのエンジンの諸元表を参考に、適切なものを選んでください。

以下は私が基本としている方法です。参考にしていただければと思います。
初めに、ニードル全閉状態から3回転開けて、甘め(濃いめの混合気)になるようにしてからエンジンを始動させていきます。
PILOT ポケットブースターDPILOT ポケットブースターAでプラグを熱して、スターターでエンジンを始動させます。
その際、高速回転しているプロペラに近づいたり手を触れたりしないように十分気を付けてください。プロペラの素材に関わらず、大怪我の原因になり大変危険です。

あとは、回転数が上がり過ぎないように、そのまま甘め(濃いめ)でじっくり回していきます。
スロットルは、始めのうちは中スローで様子を見てもいいと思いますが、基本的にフルスロットルで行います。

とにかく注意しなければならないことは、混合気を薄くしない=ニードルを絞り過ぎないこと。
そして、オイル量が多めに(できれば20%以上)入った燃料を使うこと。
混合気が薄かったりオイルが少ないと、エンジンの温度が上がり過ぎ、エンジンが焼けついてしまいます。

燃料でおススメなのは、オイルが23%入っているモーガン クールパワー ニトロ30%。本来ブレークインするのにニトロは要りませんが、当店では現在超特価で販売中ですので、おススメさせていただいています^^
この燃料はニトロの混合率が多いため、クールパワーの名の通り燃焼温度が低く、オーバーヒートしにくいのが特長です。

何度も言いますが、とにかく、じっくりと慎重にエンジンを慣らしてやることが肝要です。そうすることで、アタリの付いたエンジンに仕上がっていくんですね。

ところで、「アタリがつく」という表現はエンジンの話をするときによく使われる表現です。でも初めは何のことかわかりませんよね。
新品のエンジンは、もちろんピストンとシリンダーがぴったり合うように設計されていますが、ごくごく微妙なズレやゆがみ、凹凸があるものです。そのごく微妙なズレがあると、圧縮が上がらなかったり摩擦抵抗が大きく、パワーロスになったり、エンストを起こしたりします。
じっくりブレークインをして、じっくり擦り合せてやることで、ミクロの単位までぴったりと合わさって、摩擦抵抗が少なくなり、圧縮がしっかりかかることで、パワーが出て、最高のパフォーマンスへと近づくんですね。それが、「アタリのついた」エンジン、というわけです。逆に、最初から過負荷にしたり絞って薄いめで高回転域で回すなんてことをすると、キズや焼き付きを起こしたり、エンジンの寿命が無駄に短くなってしまうんです。
より長く楽しく飛ばすために、じっくりエンジンのアタリを付けるようにして頂きたいものです。

そうしてアタリをつけ、中低速域で安定して回るようになったら、ベンチでのブレークインは一応完了といえます。
あとは、機体に積んで、甘めで飛ばしこんで、様子を見ながらニードルを絞り、ピークが出るようにしていきます。
そうすることで、徐々にパワーアップやレスポンスの向上を実感することでしょう。

 

Break-in-2
ちなみに・・・今回は、燃料タンクからの配管にPILOT シリコンチューブ 2色各1m(ピンク・ブルー)を使用してみました。たとえば写真のようにピンクは燃料の通るチューブ、ブルーはマフラープレッシャーに、というように、用途によって色分けしておくと、分かりやすくていいですね。

ブレークインについては以上です。
何かご質問などがございましたら、コメントでもお問い合わせでもお気軽にどうぞ。

次回は、少し前にご紹介した「PILOT サーチ娘(さーちこ)」について、すこし踏み込んでご紹介しようと思います。

 

 

 

エンジンテストベンチ台を作ってみた。

お客様からのお問い合わせがあった「エンジンテストベンチの台の作り方」を、
ポイントを踏まえながらご説明していきます。

今回は実際に、身近に手に入るもので、テストベンチを作ってみました。

Etb-4-2
こちらが完成したテストベンチです。
DIYショップで手に入った万能台を少し補強して、ベニヤ板に裏から木ネジで固定しています。
強度的に心配であれば、さらにL型金具などで台の脚を固定してもいいでしょう。

自作するにあたってのポイントは、台の大きさ(高さ)や固定する位置、燃料タンクの取り付け方です。

まず、台は、エンジンやプロペラに合わせて、十分な大きさのものを選んで下さいね。

今回のエンジンはSAITO FA-72です。70クラスということで、14インチのプロペラが取り付けられる高さの台を選んでいます。
(ブレークイン用のプロペラの選び方については、次回お話しします。)

それと、地面の砂や小石を巻き込まないように、プロペラの回る位置が板の端より少し内側に来るように台の位置を決めた方がいいですね。
あとは、コンクリートブロックなどのおもりが載せられるスペースを用意しています。

Etb-5
近くで見るとこんな感じです。
スターターが使えるように、 ABスピンナー 57mm 黒を取り付けています。

Etb-6-2
燃料タンクはとりあえず手短にあったPILOT 燃料タンク 395cc
でも、ブレークインに使うのなら、燃料が沢山必要ですので700ccくらい容量があった方がいいですね。

タンクの取付位置は、エンジンの運転に差し支えない位置にしなければなりません。
燃料の液面が、キャブレターのニードルよりも、高すぎても低すぎても適切ではありません。
キャブレターの真ん中よりタンクの真ん中が少しだけ下になるように、今回は簡易な台を作って、スポンジを間に敷いて結束バンドで固定しました。
スロットルにリンケージしたピアノ線は、タンクに巻いた輪ゴムに通しておきます。
こうしておくことで、エンジン運転中にスロットルが戻るのを防止できます。

以上のポイントをおさえて作成すれば、良いテストベンチが出来ると思います。
テストベンチを作る際は、参考になさって下さいね。

ということで次回は、ブレークインについて少しお話しようと思います。

 

【夏季休暇についてのご案内】
当店トップモデルJapanでは、8/14から8/18までの期間、夏季休業とさせていただきます。
期間中にご注文頂きました商品は、8/19から順次発送させて頂きます。

ただし、休業期間中のご注文の混雑が予想されますので、発送が遅れる場合がございます。予めご了承をお願い致します。その場合は、お客様にメールにてご連絡いたします。

また、配達日のご指定についても、ご希望に添えない場合があります。 例えば8/14にご注文いただき、その際配達日を8/18にご指定いただいても、8/19以降の発送となり、商品の到着は8/20以降(遠方のお客様はさらに日数がかかります)になります。

配達日の指定について、また商品の配送の流れについては、ショップ内のこちらのページに、また 過去のブログ記事「ご注文からお届けまでの流れ~最速でお受け取り頂ける方法~」にさらに詳しく書いてありますので、お読みいただければと思います。

以上、よろしくお願い致します。

 

 

引込脚、スープラか、ELFか。

引込脚。
スケール機に欠かせないといっても過言ではないアイテムですよね。

Retract
当店で取り扱っている引込脚では、
PILOT ELF引込脚メインPILOT ELF引込脚ノーズのELFシリーズと、
PILOT スープラリトラクト2シリーズが売れ筋です。

今回は、この2シリーズの引込脚の特長をご紹介しようと思います。

まず、スープラリトラクト2は、昔ながらの、引込脚サーボからリンケージして脚の出し入れを行うタイプです。
主翼中央部あたりに積んだサーボから、左右の引込脚にリンケージするのは、ちょっとややこしいものがあります。
しかし、サイズが10クラス用から60クラス用まで4種類のラインナップで、様々な大きさの機体に合わせてチョイスが可能なのは利点ですよね。

一方、ELFの引込脚の最大の特長は、その手軽さです。
Elf-2
このように、受信機の引込脚チャンネルにコードをつなぐだけ。
「ELF=Electric Linkage Free」の名の通り、引込脚用のサーボも複雑なリンケージも全く不要です。

メインギアだけでなく、ステアリング機構付きのノーズギアの引込脚があるのもうれしいですね。
ただ、こちらは30クラス用1種類のみの販売となっています。

当店取り扱いの引込脚は他にも、グライダー用のPILOT ELF グライダーリトラクトシリーズや、少々特殊なものでは、PILOT ELFリトラクト 後方引込式メイン(大)なんていう引込脚もあります。よろしければ、チェックしてみて下さい。

用途や目的に合わせて、使い分けていきましょう^^

 

 

 

ABスピンナー

今回は、長年にわたるロングセラー商品、ABスピンナーの特長をご紹介しようと思います。

Ab-1
OK模型が設計した「ABスピンナー」は、38mmから102mmまで10種類の大きさがあります。
色も白、黒、赤、黄にカーボン柄、クローム(89mmのみ)と6種類。
全42種類(在庫なしも含む2013年末時点)のラインナップです。

Ab-4
その最大の特長は、「ABスピンナー」の商品名の由来にもなっている、
(AB=)アルミバックプレート。
削り出しで、センターには両面にすべり止め加工が施されています。

Ab-2
この様に、一部の肉厚が少し薄く作られていて、
プロペラに合わせてスピンナーコーンを削りやすくなっているのも特長です。

Ab-3
そして、重要なのが、これ。先端のごく小さいバリです。
これがセンターにあるということがミソです。

スピンナーはその名の通り高速で回転するものですので、
スピンナー自体の重量バランスがとれていないと回転中、つまり飛行中にブレてしまい、使い物になりません。
このバリがこの位置にあるということは、この位置から射出成形されたという証であり、

つまりこれが、バランスの良いスピンナーの第一条件、ということです。
そんなトコ見たこと無かった!という方は、覚えておいて損はありません。

少し話が逸れてしまいましたが、このABスピンナー、自信を持って、オススメします。